タイトルイメージ 本文へジャンプ
 


SuMoMo/SuMoMoLiteのちょっとした使い方を紹介します


カレンダーメモとして利用する

SuMoMo/SuMoMoLiteには新しいメモのタイトルを日付で作ることができます。これを利用して、毎日のチョットした出来事を簡単にメモっておくことが出来ます。また、2008年簡易カレンダーとしてサンプルを用意しましたのでダウンロードして適当なフォルダに展開してご使用下さい(使用方法はこちら)。

ショートカットの引き出しとして利用する

毎日の仕事や学習の中で、良く使うデータファイルがいろんなフォルダに点在していて探すのに苦労したことはありませんか。SuMoMo/SuMoMoLiteでは、メモの中にショートカット(リンク)を作成できますので、良く使うデータファイルを纏めてメモにドロップしておけば、一つのメモを開いただけでそれぞれのショートカット先のデータをアプリケーションで開くことが出来ます。

更に、ディスクトップがアイコンで占められている場合、アイコンをMemoにドロップすれば同様にショートカットが作成されますので整理することができます。
(※ Memoの中ではアイコン表示されず、リンク先へのファイル名がフルパス表示されます。アイコン表示については対応を検討しています。)

学習用メモとして利用する

SuMoMo/SuMoMoLiteには、A面とB面があります。これを利用して英語学習、歴史年表、漢字学習にメモを活用できます。例えば英単語をA面に、意味をB面に作成し、いくつかのメモを整列機能で並べて学習するといった使い方も出来ます。

複数クリップボードとして利用する。

編集作業や文書作成等で、同じデータを何度もコピーすることはありませんか。コピーするデータをSuMoMo/SuMoMoLiteでメモ化しタイトル形式で並べておけぱ、必要な時にコピーアイコンをクリックするだけでメモの内容をクリップボードにコピーできます。その後、必要なアプリケーションで貼り付けを行えば、手軽にいくつかのデータを扱うことができます。

大きなデータのグレップデータを保存して後から利用する。
ソフトウェア等を開発されている方で必要な情報を得るためにグレップをおこなった場合に、検索データが大きくて数分以上かかった場合がありませんか。そして同じ検索を何度も行った経験はありませんか。SuMoMo/SuMoMoLiteではグレップ結果から指定位置にジャンプする機能に対応していますので、グレップ結果の必要な部分をメモ化することで後から利用することができます。
SuMoMo/SuMoMoLiteではいくつかのエディタのグレップ形式を解析して、指定アプリケーションで開くことができます。